fc2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ザ・キング』

チョ・インソン、カッコいいわ。
あまりドラマでは、感じないんだけど(笑)。「バリでの出来事」以外でね。
「卑怯な街」も面白かったけど、これも人間味があって、面白かった。

    ■□■□ちょいすじ□■□■
詐欺師の息子に生まれ、喧嘩に明け暮れる高校生チョ・インソン演じるパク・テスは、検事に憧れてソウル大学を目指し後に検事となる。
地方に配属され忙しく仕事するテスの元に、ぺ・ソンウ演じる先輩検事ヤン・ドンチョルが訪ねてくる。
ソウル中央地検のエリート検事、チョン・ウソン演じるハン・ガンシクと出会い、テスは・・・。





歴代大統領と共に歩む、パク・テスの人生。
見ている側は、どっちが勝つか分かっているからねぇ。

あの不良高校生が、ソウル大学→検事になるってのがスゴイよ。
父親は詐欺師って言ってたけど、元は頭がいいってことなんだろうね。
ある一つの事件をきっかけに、テスは上り詰めるはずだったんだろうけど、昇るんじゃなくて転落だよ。
そもそも、正義に憧れたんじゃなかったのか???

チョン・ウソンが、検事だけど悪役。
最近こういう役も、多くなったよね。
さすがにチョ・インソンがカッコよすぎて、チョン・ウソンの影が薄い(苦笑)。

出演陣、よかったですね。
悪役の、オ・デファン、キム・ウィソン、もうピッタリよ。
セクシーな妻、キム・アジュンもよかったし。
ただ、一人出てきた女性検事、もっと知っている人が良かったかな~。

2時間15分弱あるこの映画、検事になるまではもう少し短縮してよかったんじゃないでしょうか。
最後の20分くらいのとこ、もう少し見たかったかも。

チョ・インソン、ぺ・ソンウ、チョン・ウソンがダンスするシーンが面白かった。
韓国人って、ダンス好きだよね。
よくデモのシーンとかでも、みんなで踊っていたりするもん。
いきなりそこでダンスするわけじゃないだろうから、どこかで練習していたんでしょう?
そう思うと、余計笑える。

スポンサーサイト



| 映画<サ行> | 08:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT