FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「刑務所のルールブック」


パク・へス主演作品、全32話を視聴終了。
韓国版は全16話なので、1話の放送時間長かったろうなぁ。

パク・へスって、「六龍が飛ぶ」のジランしか分からないわ。
でも、とても印象に残っています。
ただ、意外に若くて驚いた。だって、ユン・ドングンの弟役だったから・・・。

   ■□■□ちょいすじ□■□■
ヒーローズに所属する韓国一の投手パク・ヘス演じるキム・ジェヒョクは、大リーグに移籍の予定。
しかしそんな中で、妹が暴行を受けそうになり相手に暴行してしまうジェヒョクは、刑務所へ入ることになってしまう。
塀の中で様々な罪を犯した囚人と、慣れない生活を強いられるジェヒョク・・・。







今まで見てきたドラマと一味違い、面白かったです。
ふた昔くらい前に日本でも、女子刑務所を描いたドラマや映画は、あったよなぁ。

受刑者は、一癖も二癖もあるような人たち。
そんな中にぶち込まれるジェヒョクって、本当にいい人なんだよね。
プロ野球という厳しい世界で、こんな勝負師でいいんでしょうか?(笑)
あらゆる苦境をすり抜けるのは、快感だったかも。

受刑者の中では、イ・ギュヒョンが面白かった。
この人、「秘密の森」で注目の人だったけど(笑)、もともとどんな声だったっけ?
パク・ホサンの舌足らずな喋り方とかも、楽しかった。
チェ・ムソンはちょっと太り過ぎじゃない?

刑務官も、こちらも一癖も二癖もあるような人ばかり。
パン部長、ホントいい人すぎた。口は悪いけど。

ジュノの弟ジュンドルも愛おしいキャラだったな。
ジェヒョク愛が溢れていて、兄想いのいい子だった。

どのエピソードも、悪い方向へ行かないことは分かっているから、安心して見ていられたんだけどひとつだけ妙に気になったこと。
チョン・へイン演じるユ・ジョンウの弁護士、怪しすぎやしませんか?
相手が相手だけに、寝返ってしまうのではないかと見ていてハラハラさせられました。
もっと人権派弁護士風の人が演じてくれれば、そんなこと思わないんだけど・・・。

ついでにもうひとつ。
途中に入るCMで、万田酵素に出てくる女性が、所長とそっくりで笑えたわ。

スポンサーサイト



| ドラマ<カ行> | 17:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT