FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「仮面の王イ・ソン」 19~20話(最終話)

これって、実史を基にしたフィクションドラマではなく、あくまでフィクション。
ただ、思悼世子がモデルってことになっているようです。
でも、どこが思悼世子???

ドラマより見ていてツボだったのが、先王と偽王を演じているアジョシとイケメンのふたりの名前が、キム・ミョンス!!

    ■□■□ちょいすじ□■□■
李氏朝鮮時代――――。
絶大な力を誇る辺首会の力のもとで王となるイ・ユンは、その代償のため傀儡の王となり、側室に世子となるソンが誕生する。
王は息子は真の君主にすべく、素顔を見られることなく仮面を付け育つソン。
しかし辺首会は世子の入会を強要するため、王は身代わりの世子をたて・・・。

ネタバレです。 





どちらが本物の王なのかの、証拠を羅列。
結局仮面を外すことになるけど、行商人だと言われるソン。
でもね、王に仕えていたチョンウンが口を開き、テモクの策略がバラされたよ。

そこで気が付いたニセ王ことイソン、大妃を登場させましたわ。
確かに、かなり重要な証言になりますよね~。
でも、イソンに愛想つかしちゃったのかなぁ?入れ替えたと暴露。

一方で、胎壺を探し続けるガウン。見つけたんじゃない?
駆けつけようとするガウンを阻止しようとする人が現れると、助けてくれたのはメチャンとコンだったわ。
どんな証拠が、入っているのかな?(#^.^#)

玉璽が押され、身体に刻まれた証拠が書かれています。
え?偽物は死ねと?それはひど過ぎやしませんか?
人を騙したんだから、死刑執行でいいのか?
ソンが止めたわ。自分で毒を飲んじゃった。世子だから、死なないけどね。

新王の指示のもと、テモクを逮捕しようとするけど、解毒剤をネタに逃げきろうと?
筋書きが読まれているのが、悔しいね。
この際だから、臣下捨てちゃえ!

ソンは優しいなぁ。みんなのために、解毒剤を作るよう指示出してる。
見捨てちゃって構わないと思うけど。
テモクにさえ、交換条件出してるし。

解毒剤を作れないと聞いたコンが、ファグン父を説得しているよ。
後継者になれなかったのに、解毒剤の秘法を知っていたとは(笑)。

テモクが民を操り、王を悪者にして攻め入るつもりらしい。
解毒剤がないことも、いいように利用できると思ってるみたいね。
けど、解毒剤の製造に成功しちゃったみたい。

なのにさぁ、飲みたくないという死にそうな功臣たち。なんてワガママなんだよ。
ガウンが仕方なく実証するために、飲んじゃったじゃないのよ。
実証されれば、みんな飲むわけねー。

テモクに会いに行く王。
命は助けるって?あー、それが条件だったのね・・・。
孫を殺した祖父は、息子に助けられたのに、なんてこと。

ヒョンソクが、テモクの密偵だと気づくイソン。
忠実だった部下というか、イソンも信じ切っていたよなぁ。
そのヒョンソクがガウンに刃を向け、かばったイソンが斬られてしまったわ。
愛する人を最後に守れたなら、本望だったことでしょう。
本当に守ったのは、王ソンだったけど。

無事王と結婚し、王妃となるハン・ガウン。


この手のドラマは、悪役が活躍しないと成立しないんだよね。
ホ・ジュノ演じるテモクは、悪役顔が超ヨカッタよ。
結局テモクは、現状に嫌気がさしてその道に進んだわけだけど、その過程が安易すぎるような気がしたな。
ある意味、宗教的なカリスマ性がないとねぇ。
それは、ソンのこと頭領チョンスも同じ。

大妃となる先王の王妃。
ソンの養母的な立場なんだけど、大体史劇の場合この人が黒幕と繋がっている場合が多いんだけど・・・。
ただ、後ろ盾もなく堂々としているのが、何気に不思議な気がしたわ。

そして、もうひとつこの手のドラマに欠かせないのが、忠実な部下。
ソンのそばにいたチョンウンとファグンのそばにいたコン。
コンが、本当に切なかったわ。

ちょっと話が出来過ぎというか、ご都合主義もあったけど、面白く見ることが出来ました。
キム・ミョンスはもう、アイドルではなくすっかり俳優だね。イケメンの方(笑)。

スポンサーサイト



| 仮面の王イ・ソン | 15:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT