FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『奴隷の島、消えた人々』




期待していなかったけど、それなりに面白かった。
ただ、ツッコミどころは満載です。

   ■□■□ちょいすじ□■□■
離島の塩田で、障がい者がタダ働きさせられているという情報をもとに、現地を訪れる記者パク・ヒョジュ演じるイ・へリ。
後輩カメラマンイ・ソクフンを引き連れ塩田を取材を敢行するが、なかなか情報は得られない。
事業主の自宅へ行くと、そこには障がい者が・・・。



これ、実際にあた事件を基にした映画なんだそうで。
うまく考えたもんだと、つくづく。

船の定期便もなく宿もないような、小さな島のようだったけど、非常にその辺微妙だったわ。
土地の感じはとても広そうに見えたんだけど、とにかく人がいない(笑)。
その少ない登場人物で、みんな怪しすぎる。
そしてそんな島で、携帯電話が通じるの???←これが最大の疑問。

実際のところ、撮っていたビデオを見ている感じで進んでいくので、肝心の奴隷労働が描かれていないのが、イマイチリアル感がないのかなぁ?と思います。
一緒に暮らしていたんだろうけど、その辺も出てこないし。

それに、相変わらずの韓国警察の無能さにはあきれる。

ひとつ、どこの国も同じなのかな?と思ったのは、お役所仕事。
韓国も縦割り行政なのかしらねえ?

リュ・ジュニョルが、メチャリアルで怖かった~。

スポンサーサイト



| 映画<タ行> | 20:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT