FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「愛の迷宮-トンネル-」

チェ・ジニョク主演作品、全16話視聴終了。

BS11にて見始めてから気づいたのですが、韓国版16話を16話で放送しているので、相当カットが多いかと思われます。
あ~、「法廷プリンス」とどっち見るか、迷ったんだよねぇ~。
せっかく面白かったので、ノーカットで見たかった。

    ■□■□ちょいすじ□■□■
1985年、刑事として活躍するチェ・ジニョク演じるパク・グァンホは連続殺人事件を追いながらも、愛するヨンスクと結婚し幸せに暮らしている。
犯人を追っているうちにトンネルに入ってしまうグァンホは、襲われて気を失ってしまう。
目覚めたグァンホは、30年後にタイムスリップしてしまい・・・。

完全ネタバレです。



 



チェ・ジニョク確か、除隊後最初の作品でしたよね。
笑顔が見れず、寂しかったなぁ~。

イ・ユヨンは、ドラマではお初でした。
悲しいことがあったけどまだ若いし、これからどんどん出て欲しい女優のひとりです。

さてストーリーですが、グァンホって人は、この刑事って仕事向いていな人なんじゃない?
真っ直ぐ過ぎて、序盤かなりイラッとした(笑)。
むしろ、ソンジェの目線で見てしまいまっていたかな。
いつもスーツ姿のソンジェは、人間くさいグァンホとは対照的な現代を生きる青年って感じだった。

しかしさぁ見ていて思ったけど、怪しすぎるだろう?あの監察医(笑)。
登場シーンから、違和感ありまくりだったわよ。
ドラマの監察医って、30代くらいの女性が演じている場合が多いよね。
そういうイメージだったから、悪役が多いコイツ?って思っちゃった。
それが意図だったかもしれないけど、分かり易い構図に・・・。
ついでに言うと、大学長のアジュマも違和感ありまくりだった。
もしかして、監察医の母?とか思ったけど、さすがにそれはなかったね。

それともうひとつ言いたいのは、ジェイの無鉄砲さ。
これ、父グァンホから受け継いだものだと言われれば、そうかもしれないけど・・・。
自分から犠牲になるって、どうよ。
武術に長けているとか、相手に対抗できるならともかく、何も出来ないのなら犠牲になるだけじゃん。

ついでにもうひとつだけ(笑)。
ラストのほうで、過去に戻るグァンホをソンジェとジェイが見送りに来てくれたとこ。
過去に戻れば娘ジェイは父グァンホは、恐らく幸せに暮らしただろうけど、別れの際は抱きしめてあげて欲しかったかな。
もちろん、ソンジェとも。

もうお腹一杯のタイムスリップのはずだったんですが・・・。
事件を解決するという点では、「シグナル」と被っているわけだけど、そういうことは感じさせずに、楽しめましたね。
伏線もよく練られていました。
やっぱノーカットで見たかった。

これOCNで放送のドラマだけど、刑事モノにしては珍しく目を覆うような暴力シーンはなかったですね。
こういうドラマも必要です。さすが、OCN!!

スポンサーサイト

| ドラマ<ア行> | 08:24 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT