FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「いとしのクム・サウォル」 10~12話




アン・ネサン演じるギファン、ト・サンウ演じるその息子セフン、ソン・ハユン演じる娘のホンド(オウォル)の家族の関係が、イマイチ分からない。

ネタバレです。



ばれなかったのはよかったけど、ヘサンが娘じゃないと知ってショックだったろうなぁ。
しぶとそうなマヌ母、諦めないだろうね。

ヘサンにアイディアを盗まれたと、養両親に話すサウォル。
いい人たちだから、ごまかしたりせず、ちゃんと処理してくれると思うけど・・・。
でもヘサンも認めるわけもないし、困ったもんだ。

ヘサンに靴をプレゼントするドゥゲ。
アザを確認するためだったのね。ヘサンが娘かどうかの確認。
早くサウォルの足を見てあげて~。
ドゥゲは、娘が死んだと思ってるのよね・・・。しかもサウォルが殺したかのように憎むなんて・・・。

マヌは自分の不倫は棚に上げて、ドゥゲがミノと一緒に過ごしたことをよくもまぁ。
どうでもいいけど、ミノに対して劣等感の塊だね。器の小さい男だわ。
怒りを200年の松の木にぶつけるバカな男。

おぉ~、サウォルの足にあざを見つけたドゥゲ。
こんなに早く見つけちゃうとは(笑)。
そうね、確実な証拠がなくちゃ、肝心のDNA鑑定。

ドゥゲは信頼のおける友人チェヨンに、父の遺産である絵のありかを聞き、協力を求めています。
夫マヌの目を逸らすために、拉致偽装までしているのか。
いや、夫の目より姑の目を逸らすためかな。

DNA鑑定で娘だと分かったサウォルに謝罪し、接近するドゥゲ。
いい娘なので、他人としていい関係が築けそう。
父親だと信じている園長は、いい人だったね~。

勝ち取ったプレゼンだったのに、マヌから松の木の件で濡れ衣をきせられるサウォル。
本当にマヌって、どうしようもない人だよね。
どうしていつまでもこの人とドゥゲが一緒にいるのか、理解できない(-_-;)。
さっさと離婚していれば、今こんなことにならなかったはずなのに。

隠密行動をする、ドゥゲ。夫の監視が、異常なんですけど。
妻より愛人を信じるなんて、あり得ないんですけど。

チャンビンに意図的に近づこうとするヘサン、目的は何?
建築士として、協力しましょうってことらしいけど、男としては見ていないのか?(笑)

松の木を抜いた犯人に目星をつけたサウォルでしたが、指示したのはミノ?そんな馬鹿な。
お金の件は、ヘサンで間違いないだろうけど。
家に帰り確認するけど、全部一人でやったくせにね。

あら、探していた父親の絵が地下室から出てきました。
分からないように入り口を隠していたのね。
ごみとして家から持ち出し、チェヨンのところかな。

一方、セフンは意図的にマヌに接近。
どうするつもりなんだろう?恐喝?
ドゥゲを尾行するマヌを尾行しているセフンは、もしかして協力してくれる?
どうやらそのようで、味方になってくれるみたい。


マヌ、DVですけど。逮捕してください。

スポンサーサイト

| いとしのクム・サウォル | 08:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT