FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「空から降る一億の星」 15~16話(最終話)

よく魔性の女って聞くけど、ムヨンは魔性の男だね。
スンアを手玉に取り、結局スンアは命を落としてしまうことになったんだから。
あの人に、似合いそうな役だ(笑)。

    ■□■□ちょいすじ□■□■
広告デザイン会社に勤務するOLチョン・ソミン演じるユ・ジンガンは、パク・ソンウン演じる警察官の兄ジングクと二人で仲睦まじく暮らしている。
ジンガンは、親友の陶芸家ペク・スンアの展示会へ兄と出向き、そこへビールを配達する、ソ・イングク演じるキム・ムヨンと出会う。
スンアもムヨンと出会い特別な感情を抱き、急接近。
一方でジンガンは、ジングクの後輩刑事チョロンと付き合い始め・・・。

ネタバレです。





妹を思い出したムヨン。そして、ジンガンの幼いころの写真。
ウサン姉を訪ねると、実の妹だと話し・・・。
終わらせるしかないでしょう。血が繋がっているのなら。

本当のことは言わないんだね。言えないんだね。当り前か。ショックが大きすぎる。
冷たく突き放すことしか、今は出来そうにないか。

ムヨンにすがるジンガンを、ムヨンは兄ジングクに託すしかないのかな。
どんなことしても、無理だと思うけど。

ん?ウサン姉、何言ってんの?違うの?妹じゃないの?
あ~、騙された!!
あと2話あるからね、何かあるとは思ってた(笑)。

ウサン姉も、面倒臭い人だねぇ。面白がってるだけ?
ジンガンに関わり、何しようっての?

ソジョンに事情を聞こうとするジンガンですが、ムヨン父のことを聞いています。
この人とジングクの関係は、かなり親密であると思っているということ???
まぁ、この人しか聞く人はいないのかもしれない(笑)。

ムヨンを弄ぶウサン姉は、ムヨンによって銃で撃たれました。
そこまで侮辱されて、平気な人はいないね。無神経に人の心に踏み込んで。
亡くなったようだから、ムヨンは殺人犯。
容疑者として、手配されてる!!

ジングクからジンガンが妹じゃないと聞くムヨン、あまり驚かないのね(笑)。
そんなことより、殺したことを後悔した?

ハン・ジョンユン、ジンガンに名前だと伝えるジングク。
ジンガンの両親は、ムヨン父に殺されたのね。
だから、避けてもらいたかった?あまり説得力ないけど(笑)。

ムヨンの昔、住んでいた家にやって来るジンガン。
幼いころの記憶が、蘇っているようです。
ジンガン自身も、記憶がないってことなのかな。
新興宗教にのめり込む親を横目に、子どもは子どもで遊んでいたよう。

ジングクを殺そうとしたのかとジンガンに聞かれ、否定しないムヨン。
父親を殺されたからと思っているジンガンは、銃を自分の頭に付きつけ・・・。
このふたりは、複雑過ぎる。
ウサン姉を殺した理由、ジンガン知らないし。

ジンガンが後ろから撃たれました。
銃を撃ったのは、ウサン姉の秘書だな。


日本のあの人とは違い、ソ・イングクよかったわ~。
「ラブレイン」から見始めたけど、こんな俳優になるなんて思いもしなかった。
チョン・ソミンもいろんな役をこなす、いい女優になりましたね。
ワガママ娘が、お似合いかと思っていたけど。

日本のラストとは違うとのことですが、まさかあの人に撃たれるとは。
なんか気になる人では、あったのよ。
ウサン→姉へと、と裏切っていたからね・・・。

ちょっと衝撃的なラストではありました。
ただ、ふたりは兄妹ではなく、お互いの気持ちが通じ合ってから亡くなったのは、救いかな。

スポンサーサイト



| 空から降る一億の星 | 19:45 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT