FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「済衆院」 35~36話(最終話)

ハズレのない医療モノだし、大好きなパク・ヨンウとヨン・ジョンフンなので、前々から見たいと思っていたのですが・・・。

なんだかなー、って部分もありました。

    ■□■□ちょいすじ□■□■ 
牛などの解体を生業とする白丁、パク・ヨンウ演じるソグンゲは、病気の母を日本人医師ワタナベのところへ連れて行く。
以前にワタナベの治療を見ていて感激を受けたソグンゲだったが、お金を持っていないことに最低限の応急処置だけとなる。
お金が必要なそんな時に、ソグンゲは人体の解剖を依頼され・・・。

ネタバレです。




診療と称し、奴生に裸になれと?そして暴力を?ってことですか?
それはイカンだろ。

同じ症状で済衆院に来る女性るたり。
漢城病院でもらった薬が、以前の症状は違うのに同じだなんて・・・。
なんで漢城病院へ行くんだよ(笑)。抗議に行くドヤン。

捉えられるジョンですが・・・なんで?
義兵と関係あるからって、何でワタナベが?
おまけにあの薬を飲ませているけど、何の薬なのよ?

新聞社のおかげで、釈放になったジョンですが、かなりお疲れの様子。
ソンナンがつきっきりで看病しています。
義兵になる覚悟のジョンに、ソンナンも覚悟を決めているよう。
医師だろうと義兵だろうと、ジョンはジョン。

とうとう日取りが決まりまり、あっという間に結婚式。
洋装なのね~。

連判状が日本の手に渡り、ジョンが義兵だとバレた。
逮捕するつもりのようだけど、新郎新婦はダミーでございまして、別な場所で結婚式は行われています。
ドヤンが気を利かせてくれたようで、・・・いい人すぎる(笑)。

ささやかな新婚旅行だけど、邪魔者がいなければどこへ行っても同じよね(爆)。
束の間の幸せってとこかしら。

義兵隊長となるジョン、妻としばしのお別れで山にこもるそうで。
でも、占い師のふりして・・・夫婦の会話とは思えない(笑)。

済衆院はそのままに、新しい病院のオープン。
ワタナベたちも来ているわよ、来なくていいのに。
ジョンが来てくれたけど、見つからない大丈夫?

ジョンと一緒に満州へ行くと言い出すソンナン。
出発の前に、親友スンヨンを見舞うソンナンですが、肺結核だそうで・・・。
ジョンに行けないと言い出すけど、ジョンは理解してくれました。
時間が経過し、再会するふたり・・・。


パク・ヨンウがステキだった~。
途中、カツラが似合わなくて、笑いそうになったけど。

「太陽人イ・ジェマ」も多分、同じ時期の医療モノ。
医者のままでいればいいのに・・・と思うけど、そういう時代だけにしょうがないのかな。
ナオコはいい人だったけど、感じの悪い日本人に中盤から終盤にかけて、ゲンナリしちゃった。

ラストはとてもよかったと思います。
ジョンもソンナンも、一途に相手を想っていたところに好感度◎。

パク・ヨンウ、最近見ていないのでドラマに出て欲しいわ。

スポンサーサイト



| 済衆院(チェジョンウォン) | 19:48 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT