FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「D-DAY」 11~12話

もう、先が気になって仕方ない~。

ネタバレです。



親子のもとに、消防士がやっと来たわ。だけど息子、もう息をしていないんじゃ?
ハラボジと孫かも。
救助しようとするへソンだけど、様子がおかしい。ジナはPTSDと言っていたけど、事故がフラッシュバック?
やっぱり親子だった(笑)。

明らかに様子がおかしいへソン、ジナが先導してやろうとするけど、看護師ですから。
そこへ登場のトルミ、いいところに来るな。
そうかこの親子、院長の義兄!!理事長!!

ドンハの情報が入り、現場へ急ぐジュラン。

理事長の息子ジウォンの手術は、胸部外科の医師が見つからず。
助手はトルミとテギルです。そこへウジンが緊急参加?
無謀な手術を止めに来たらしい。その後、ジナも参加。
手術を止めるけど、へソンは死なすわけにはいかないと。

結果は・・・残念だった・・・。
でも、へソンが必死に治療してくれたこと、ジウォンは分かっているはず。

ジュランはドンハと会うことが出来たものの、チェ隊長は変わり果てた娘と再会。
何も出来ない=死ぬ、ではないと思うけど・・・。
へソンなら救える?でもジウォンのショックは大きそう。
自分は神様じゃないことくらい、分かっていたでしょーうに。

院長、、全責任をへソンに押し付ける気か?ホント感じが悪い。
同意する方もする方だよ。

出て行こうとするヘソンに説教するのは、医師は紙切れかとバカにされたトルミ。
トルミより、もっと卑怯だよ、その行動。


無理な手術をすると思ったら、仕事放棄。
極端すぎやしませんか?(笑)

スポンサーサイト



| D-DAY | 18:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT