FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「グッバイ、ミスターブラック」 19~20話(最終話)


ファンの方には申し訳ないけど、もう見る気がしないわ。
ちなみに、過去のあの方ももちろん、あの方もあの方も、この方も。

    ■□■□ちょいすじ□■□■
海軍で働くイ・ジヌク演じるチャ・ジウォンとキム・ガンウ演じるミン・ソンジェは、家族同様の親友。
しかしジウォンノ恋人、ユ・イニョン演じるマリに恋心を抱くソンジェ。
そんなソンジェは海軍を辞め、ジウォン父が経営するソヌグループに就職。
入札に関わる仕事を任されるソンジェは、入札相手の機密書類を見てしまう。
そんな中で、ジウォンの父が・・・。

ネタバレです。






スワンは両親が殺された経緯を、思い出しました。
ってことは、ペク・ユンドは父親ではないってことだよね。
他人になりかわったったってことらしい。

罪を認めたミン・ソンジェに、面会に行くジウォン。
被害妄想、ははなだしいな~。
ジウォンは、人を見る目が無かったってことかしら?
おかげでマリは、釈放されたよ。

ペク・ユンドは、ジウォンの命が長くないことを知りほくそえんでいます。気持ち悪いオッサン(笑)。
そのペク・ユンドの右腕らしきハ室長、ナム理事を監禁していたんだね。

おいおいお~~~~い、ジウォンおかしくなっているぞ。え?そんなふりなの?

マリのためなら、どんな罪でも被るというのかしら?
本当に愛しているね、ゆがんだ愛だけど。
ある意味怖いよ、この人ソンジェ。

ソンジェの裁判の時間に、ジウォンは襲われて怪我。
病院へ運ばれるジウォンは、キム弁護士に万年筆の音声を残してくれたわ。
偽物がペク・ユンドの手元に。

スワンは、左手で書いたジウォンからの手紙を読んでいます。
まだ手術中なのに、ペク・ユンドの元へ。
撃たれたスワンだけど、警察が来てくれた~。

ジウォン父は、みんなのことを愛していたのね。
珍しく、大企業の社長が優しい人(爆)。しかも、チョン・ドンファンなのに。

それぞれの刑が決まったというのに、まだ目を覚まさないブラック。

ペク・ユンドことチョ・ソンべが何か飲んで、病院行き。自殺未遂なのかなぁ?
いやいや、そんなことする奴じゃない。病院から逃走しようとして、成功。
中国へ行く気みたい。

目を覚ましたブラック、なのにスワンは???マジ~~~~~。

ブラックはチョ・ソンべを撃ったよ。正当防衛らしいけど。

以前住んでいた家に戻るブラック。
おいおいお~~~~い!生きてんのかい!スワンも!

女って残酷だ。嫌いだって言えるんだから。
でもミン・ソンジェ、いい人になってる。あり得ん。

このラブコメまがいのラストは・・・夢か(爆)。


例の事件で、もう台無し~~~~。
話もあまり緊張感が無く、途中でキム・ガンウが出ているせいか?「スリングショット」かと思っちゃった。
あのドラマもハラハラ感全く無く(笑)。

でもチョン・グクファンの何とも言えない悪人笑いがよかった!
悪役の演技はオーバーなくらいがいいので。

とにかく、主演の方のとんだ事件で、台無しの作品でした。

スポンサーサイト



| グッバイ・ミスターブラック | 19:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT