FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「Dr.JIN」 23~24話(最終話)


GYAO!にて、完全版24話視聴終了。

日本での公開に当たり、設定を一部変えているようですが・・・。
なんで勝手なことするんだろうかね?こういうの本当に理解に苦しむわ。

でも大沢たかお主演の日本版は見ていないので、それなりに楽しめました。

    ■□■□ちょいすじ□■□■
ソン・スンホン演じる天才外科医ジン・ヒョクは、同じ病院に勤務する妹パク・ミニョン演じるミナに、患者の手術を要請されるものの、医師としての冷静な判断で拒んでしまう。
その直後、ミナは交通事故に遭遇、意識不明の重体となる。
そんな中で、ヒョクは飛び降りる患者を助けようとしビルから落下。
ヒョクが目覚めるとそこは、李氏朝鮮の時代・・・。

※GYAO!で配信している日本放送版全24話を視聴しています。
 韓国版全22話と編集が違いますので、ご注意ください。


ネタバレです。





フランスとの戦争は、避けられそうになさそう。
しかしビョンヒ、あのヒョクの手紙に書き足すなんて、なかなか頭のいいヤツ。
それを見ちゃった興宣大院君驚きだよ。

ヒョクの様子を心配するヨンレは、ミナが死んだことを聞き、不安に。

王の安否を心配する興宣大院君は、しばし実家に避難させることにしました。
が、相手はそれが狙いなんだよ。でも一枚上だったね。

矢に刺されるギョンタク。ヒョクに対し拒むけど、医師は患者を救うためにいるんだよ。
なんでそんなに頑なになるんだ?
ヨンレの説得に縫合するけど、それじゃ不十分じゃないのかな。

息子ギョンタクの持っていたピストルで、ビョンヒは自ら命を絶つの?

あらー、テグンは興宣大院君を劣勢にするために情報漏洩。
そしてギョンタクは、興宣大院君の命狙うし。

ヒョクから作戦について妙案が。条件は、ギョンタクの釈放?大丈夫か?
ヨンレのためなら、命落とすこともいとわない人だろうし。

攻撃を受け、ヨンレを探すヒョク。
危なくなると助けてくれるのは、もちろんギョンタク。ここが限界か・・・。
ヨンレも怪我で手術開始しようとすすけど、そこで?
消えても構わないから、助けるというヒョク。いったい何度助けられるんだか。

現在に戻ってきたヒョク。
急いでミナのところへ行くけど、取りあえず意識は無くても生きている様子。
え?江華島にいて、胎児の形の腫瘍があたまの中に?
あの時代が変わってしまったことで、現在も変わっているってことのよう。

変わってしまった歴史。女性医師って、ヨンレのこと?
ミナが目を覚ましたわ。よかったよかった。
ヨンレも生きているってことだもんね~。


ツッコミどころは満載ですよね。
こういう場合、いつものことだと割り切るんだけど、それにしてもあり過ぎ(笑)。

胎児の腫瘍はなんなのよ?
チュノンは、過去から現在に来ているだけなの?
なんでヨンレとミナの命は、連動しているんだい?など。
ヨンレが生きていないとミナの命が無いのは、分かるんだけどさ。

結局ヒョクは、行ったり来たりを何度も繰り返しているってことなんでしょうか?
だから、チューブや医薬品などそしてホルマリン漬けの胎児を持って、落下したんでしょ?
考えるとキリがないわ(爆)。

私は、ヒョクよりギョンタク目線。
庶子として生まれた運命の上に、愛する女性と結婚目前なのに相手から愛されていないなんて・・・。
父が悪党左相であるがために、親友ヨンフィをも討たなければならなくて。
ヨンレを想う姿が、痛々しかった~(涙)。

スポンサーサイト



| Dr.JIN<完全版> | 09:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT