FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「ピアノ」 15~16話(最終話)

ピアノ DVD-BOX
ピアノ DVD-BOX


ちょうど韓国ドラマ50本目の作品です

■□ちょいすじ□■
チョ・ジェヒョン演じるヤクザのオッカンは 以前に同居した女性との間に息子がいるとの連絡を受け ソウルへ引き取りに向かう
しかし納得のいかないオッカンは 息子を置き去りにしようとするものうまくいかずプサン行きの列車に乗り込む
またもや息子を置き去りにしようと列車を降りると 中には夫を亡くし子連れの女性ヘリムが乗っていた
彼女を一目見たとたんに恋に落ちてしまうオッカン
二つの家族が出会い やがてひとつの家族となる・・・

ネタバレです




なんだか14話と15話が繋がらないんですけど カットシーン多いのかなぁ?妙に話が飛躍してます!

ウンジはやはり亡くなってしまいました 
ギョンホにジェミンを託して・・・

パン屋の社長はギョンホに 毒蛇の狙いは自分だと話し
ウンジの追悼式のドサクサに紛れ ここを離れるように提案します
韓国の法律はどうなってるか分からないんだけど もう刑が確定した罪にまた問われることがあるんでしょうか?
確かにジェスは犯人隠匿の罪には問われるかも知れないけど

追悼式が終わり ギョンホ ジェミン スアにジェスの4人の乗った車は列から離れ 人里離れた一軒家へ 
そこでギョンホは自分は元へ戻るので ここで二人でオッカンの貯めたお金を使えと渡します
ギョンホはジェミンに出会ったことで父性が芽生えたんだわ
オッカンの気持ちがよく分かるようになったようで ふたりを認めてくれたのよね
しかしなぁ せっかくふたりになれたのに 落ち着かないふたり
現実を受け入れられないのでしょう
少しの間ここにいて考えようと提案するジェスにスアは同意するものの 結局帰ってきてしまうふたり

ところで戸籍が別だって話をしてましたが もし戸籍が一緒なら子供は父親の姓を名乗ることになるのよねぇ?
つまり ハン・ジェスとイ・スアだから 両親は結婚しても子供は別籍だったってことなのかなぁ?
ここのところ よく分かりません
日本の場合は確か子供は 別に養子縁組しないといけないんでしたよね?! 

ギョンホはオッカンやパン屋の社長を苦しめ続けてきた毒蛇との対決を決め NO.2のヨンタクに協力を持ちかけます
しかしヨンタクは情もあるし 出来ないと・・・
この人もいい人なんだか悪い人なんだか一枚上手 パン屋の従業員にギョンホの計画を話し協力を仕向けます
心配するオッカンも倉庫へ到着したものの 乱闘に巻き込まれ亡くなってしまいました

オッカンの葬式の後でしょう
ジェミンをあの家に迎えに行く4人
なんとそこにはジェミンしかいませんでした・・・
何かある女性だとは思っていたけど・・・

14話までこれはどうなるのかと思うような展開だったのに
いきなりギョンホがオッカンの言葉に耳を傾けているのが 不思議
まぁ それはジェミンがいたから父親として成長できたんでしょうけど
結局ジェスとスアは 最後別々の道をそれぞれ歩き始めるんでしょね
一応ジェスはミョンギンに振られたので オ課長もそういうことなんでしょうけど・・・
ふたりになれたわずかな時間で これから生きていけるのでしょう
逃げることだけはして欲しくなかったので よかったかな

なんせカットだらけのTV放送なので もう一度GyaOで確認しなきゃ
スポンサーサイト



| ピアノ | 17:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

◇so-so♪さん こんばんわ

遊びに来て頂いてありがとうございます
なんだか涙・涙でしたね
ふたりのこれからの人生ってどうなるのかな~なんて思ったりしますけど きっと少しの間でもふたりになれたことで
生きていけるんだろうなぁ・・・
GyaOでじっくりまた見たいと思ってます
また泣いちゃうのよね・・・
その際はまた行かせて頂きマス♪

| ぴょん(管理人) | 2006/06/06 21:37 | URL | ≫ EDIT

No title

ぴょんさん、こんばんは!
来るの遅くなってしまってごめんなさい!!
泣けたでしょう~。自称ピアノ宣伝部長なんだけど、進めたくなっちゃうでしょ、この作品。
GYAOでもう一度見てみて~。結構地上波やBSはカットが多かったみたいなの~。結構いいシーンがカットなのよ。だから~。
そうしたらまた我が家に来てくださいませ~(笑)
また遊びに来させてくださいね♪

| so-so♪。 | 2006/06/06 21:25 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT