FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「ファッション70’s」 27~28話(最終話)


 韓国ドラマ/Fashion70s(ファッション70'S) OST

親子愛が描かれた 涙のドラマでした
こんな愛があるのに 今の世の中淋しすぎますネ・・・

■□ちょいすじ□■
朝鮮戦争の真っ只中 社長令嬢ジュニは姉と慕う貧しい少女ガンヒと共に 戦渦の巻き込まれ 両親と別れてしまう
妻を亡くしジュニを探し続ける父コ社長だが ジュニは死んだと聞かされ
たまたまそばにいたガンヒを実子ジュニとして育てることを決意する
一方 ガンヒを探す母ヤンジャは記憶を無くしてしまったジュニを見つけ こちらも引き取りドミと名づけ育てていた
ふたりは成長し 服飾学院に入学することになる・・・

ネタバレです




転げ落ちる父
あ~やっぱり 消えると思ったのよ(笑)
アッサリ死亡
父は最期に ジュニにガンヒのことを頼むと・・・

ガンヒは警察に
そばにいるドンヨン
なんと 殺人罪ってことですかぁ?
ガンヒは認めています
しかし ウソばっかりだよ どうしてそんなウソつくの?
判決は死刑
控訴の準備をしているのに 拒否するガンヒ

とうとう執行の日
ドンヨン立ち会ってます 辛すぎるよ
あの日の真珠を手渡していました

ジュニあてに遺された手紙
こんなの辛すぎる~

1974年 “インディオス”を立ち上げ デザイナーとして独立しているジュニ 
しかし母のことは諦められない様子

ドイツにいるドヨンを訪ねるビン
ナント右手が回復してました~
いつものポケットインの姿を見て 長嶋終身名誉監督みたいと思っているのは
私だけではなかったと思うンだけど(笑)
プロポーズすると ライバルに宣言!

ガンヒ母 しぶとく生きていました
そんなことじゃないかと思ったわ
しかし記憶なし
でもジュニ(ドミ)と会ったことで 回復するわよ

ビンのプロポーズを断るジュニは
どうやら ドンヨンといい感じで・・・


こんな結末とは・・・
自分の意思でなく 運命に振り回されたとはいえ
ジュニ(ドミ)には共感できないよ
最後もこれだしね
まぁ ハッキリハッピーではないけれど そういうことでしょう?
どうも 何の罪のない(多少はあるのかもしれないけど)ガンヒの最期は
納得できないのよ
あの母は 長生きするんだろうねぇ・・

どうも 男性二人が好みじゃなくて ダメだったなぁ
キム・ミンジュンは好きでなかったのが 回復できた感じ
イ・ヨウォンは 初見だったんですけど
最近は復帰してよく出られているようで これからも見ること多くなりそうです
やっぱり このドラマはなんといっても
ソン・オクスクssiでしょう
彼女なしで このドラマは語れません
もの凄い女優であることを まざまざと見せ付けられました~~

もっと知りたい!韓国TVドラマvol.15 (MOOK21)
もっと知りたい!韓国TVドラマvol.15 (MOOK21)
スポンサーサイト



| ファッション70's  | 14:25 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

◇まゆさんへ こんにちは

激動の時代を描いたって感じのドラマでしたね
長いドラマだったけど内容を考えると あっという間の展開でした
確かに号泣しちゃいますよ この展開ですもの

「ミスターQ」はソン・ユナがすばらしいです
メッチャ古いですけど!

| ぴょん(管理人) | 2008/08/13 14:50 | URL | ≫ EDIT

No title

こんにちは
今さらながらですが
ファッション70's を溜め録で観ました
感想は・・・
いやー韓ドラやっぱり凄いです
死刑で死んじゃうなんてやっぱり驚かされる展開です
とっても切ないドラマでした
27話は私号泣しちゃった。。。

この後のドラマは「ミスターQ」ですがなんか古そうです
これも溜め録で観ようかなw

| まゆ | 2008/08/13 14:06 | URL | ≫ EDIT

No title

◇ちいすけさんへ こんばんわ

このドラマはあの母親なしには成立しませんね
それくらい迫力満点でした
ビンの母も結構よかったと思います

でもガンヒのあの最期は可哀想過ぎますよね
もう・・・(涙)

| ぴょん(管理人) | 2007/10/29 18:49 | URL | ≫ EDIT

No title

ぴょんさん、こんにちは~!
終りましたね・・・なんだかこういう結末で締めるしかないの?って思いましたが、ガンヒは悲惨すぎましたね。せめて母親とくらいは・・・と思ってましたが、全員ドミにって感じが可哀相でした。
ほ~んと、ドミ母の演技の底力!凄いです(笑)。
今見てる「おはよう、神様!」にもいきなり登場してきて大爆笑してしまいました。存在感が凄すぎます。

| ちいすけ | 2007/10/29 09:52 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT