FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『少女は悪魔を待ちわびて』


う~ん、なんだかなー。

    ■□■□ちょいすじ□■□■
7件の殺人事件の犯人として、裁判を受ける被告人キム・ギボムに、懲役15年の刑が言い渡される。
そのうちの1件の被害者は捜査していたナム刑事であり、幼い娘ヒジュを残し殺害されてしまう。
15年後、成長したヒジュは父への復讐のため、警察でアルバイト。
ギボムは刑期を終え、出所し・・・。


≫ Read More

スポンサーサイト

| 映画<サ行> | 14:33 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『セシボン』

意外に良かった~。

ただ問題は、序盤の時代設定に耐えられるかだと思う(笑)。
ハン・ヒョジュに、違和感がないのに・・・。

    ■□■□ちょいすじ□■□■
1970年代―――。
音楽鑑賞室”セシボン”にて、”大学生の夜”という音楽選手権が行われ、ユン・ヒョンジュとソン・チャンシクのふたりが優勝を争っている。
セシボンの社長は、ふたりを一緒にしてデビューさせようと提案し、プロデューサーイ・ジャンヒはオ・グンテを加え、トリオにしようと言い出す。
3人はデビューを控え・・・。


≫ Read More

| 映画<サ行> | 15:18 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『時間離脱者』

なかなか面白かったです。
一度見ただけでは、理解できないかも。

    ■□■□ちょいすじ□■□■
1984年元旦―――。
チョ・ジョンソク演じる音楽教師パク・ジファンはカウントダウンを終え、同じ高校に勤務する化学教師イム・スジョン演じるソ・ユンジョンにプロポーズ。快く受け入れるユンジョンと共に幸せの絶頂期。
しかしその場でユンジョンはスリに遭い、犯人を追いかけるジファン・・・。
一方、2015年元旦―――。
イ・ジヌク演じる刑事キム・ゴヌは、同じくカウントダウンを終え逃走する犯人逮捕のため追いかけるが・・・。




≫ Read More

| 映画<サ行> | 08:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『サヨナラの伝え方』

今配信されているGYAO!の映画の中で、一番評価がよかったので見てみたけど・・・。

    ■□■□ちょいすじ□■□■
旅行雑誌の編集者パク・ギュリ演じるイジョンの隣に引っ越してくる、ソ・ジュニョン演じるナム・ナビはすし職人。
ナビは猫に憑依した人間と会話ができるという能力があり、引っ越しに紛れて入り込んでくるイジョンの飼い猫ヤンマと親しくなる。
ヤンマだけではなく、飼い主イジョンとも親しくなるナビ・・・。



≫ Read More

| 映画<サ行> | 08:36 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「その日の雰囲気」




ムン・チェウォンってかわいいから好きなんだけど、甘い舌足らずな喋り方するよね。
ユン・ヨンソクも、舌足らずな喋り方する気がするんだけど。

それに耐えられるかが、問題だった(笑)。

    ■□■□ちょいすじ□■□■
出張のためKTX乗りこみ釜山へ向かうムン・チェウォン演じるスジョンは、同じく仕事で乗り込んだユン・ヨンソク演じるジェヒョンと出会う。
いきなり、ナンパされたスジョンは恋人がいると拒否するのものの、ジェヒョンに振り回されることに・・・。

ちょっとだけネタバレです。

≫ Read More

| 映画<サ行> | 19:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「世界で一番いとしい君へ」


ソン・ヘギョここ数年、あまり好きじゃないんだけど・・・。
GYAO!のユーザーレビューがいいようなので、見てみました。

    ■□■□ちょいすじ□■□■
17歳高校生のデスとミラは、突然の妊娠に家族と大喧嘩。
ふたりは駆け落ちし結婚、後にミラはアルムという男の子を出産する。
しかしアルムは、早老症という病に侵され、16歳ではあるものの見た目はもう老人で・・・。


≫ Read More

| 映画<サ行> | 12:26 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「最後まで行く」

決して許されない状況なんだけど、クスっと笑えるのが何とも・・・。
イ・ソンギュンのおどおどした演技が、最高です。

    ■□■□ちょいすじ□■□■
殺人課に勤務する刑事、イ・ソンギュン演じるコ・ゴンスは、母親の葬儀を中座し勤務先の警察へ向かう。
何故なら、監査が入るため横領の証拠を隠さなければならないから。
夜道を焦るあまりに人を引いてしまうゴンスは、その遺体をいったん車に隠す。
しかし、なかったことにしたいゴンスは・・・。



≫ Read More

| 映画<サ行> | 09:43 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT