fc2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『偽りの隣人 ある諜報員の告白』




これ、元大統領キム・テジュンがモデルらしいです。

正直、本当にこの韓国の政権って、わかんないわ~。

    ■□■□ちょいすじ□■□■
オ・ダルス演じる次期大統領候補と言われる政治家イ・ウィシクは、帰国するなり国家安全政策部に拉致され、自宅監禁生活を余儀なくされる。
そんなウィシクを監視するため、チョンウ演じるユ・テグォンがリーダーに任命され、部下二人とともに隣の家で暮らすことになり・・・。

≫ Read More

スポンサーサイト



| 映画<ア行> | 09:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『愛の旋律』

この映画の字幕、おかしかったわ。
主人公ジャンミ(韓国語で薔薇の意味)が、ローズって出てくるんだもん。
名前は、名前・姓の順だし。
恐らく、韓国語→英語→日本語に訳されてんだと思う。ったくー。

邦題の付け方も、なんだか安易に思える。
感動の名作っぽいタイトルに、騙された気もする。

    ■□■□ちょいすじ□■□■
昼間は縫製工場で夜は酒場でウェイトレスとして働くチャンミは、密かに歌手になることを夢見ている。
酒場でビールを運んでいるとステージに穴が開き、突如歌を歌うことになるチャンミ。
その場に客として来ていた、女社長の目に留まるチャンミはスカウトを受けて・・・。

ネタバレです。


≫ Read More

| 映画<ア行> | 09:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『生まれてよかった』


この映画を見て、正直村西とおるの名言を思い出しました。
「人生、死んでしまいたいときには下を見ろ、俺がいる。」

    ■□■□ちょいすじ□■□■
両親を亡くし、母方の叔父の家に引き取られる女子中学生ジュニ。
肩身の狭い思いで成長するジュニには多汗性の持病があり、手術費用を稼ぐためにニンニクの皮剥きの仕事をしている。
ある日ジュニは、吃音症のジュファンと出会い、お付き合いを・・・。

ネタバレです。

≫ Read More

| 映画<ア行> | 09:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『悪魔は見ていた』



↑これ本当にヒットしたの~?疑わしい。

     ■□■□ちょいすじ□■□■
シングルマザーでありキャリアウーマンであるカン・イェウォン演じるソ・ヨンウは、クリスマスイヴも残業三昧。
しかし、オフィスビルの事情により帰宅しようと車に乗り込もうとしたその時、ヨンウは気を失ってしまう。
目が覚めたヨンウは、知らぬ間にドレスに着替えさせられていて、目の前にイ・ハクジュ演じる警備員のイ・ジュノが・・・。

≫ Read More

| 映画<ア行> | 18:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『おもちゃ 玩具~虐げられる女たち~』

これ、まさに今日本で問題になってるやつと同じじゃん。
日本では、マスコミ完全無視だったのに・・・。

こういう勇敢なジャーナリスト、いなかったのかねぇ。

ところでPrimeVideo、マ・ドンソクの映画結構あるみたいなんです。
しばらく彼の作品が続くかも(笑)。

     ■□■□ちょいすじ□■□■
マ・ドンソク演じる記者イ・ジャンホが取材するのは、女優の自殺に端を発するセクハラ事件裁判。
真実の追及に全力を注ぐと、意欲的である。
一方、その裁判の担当女性検事は、初めての裁判に緊張の様子。
韓国新聞会長を被告人とした裁判が、始まる・・・。

≫ Read More

| 映画<ア行> | 16:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『悪魔を見た』

この映画、とても評判が悪いですよね。興行成績はよかったのに。
そういえば、一度リタイアした経験があったことを、思い出しました。

今回は一応全部見ることが出来ましたが、うん、納得。

     ■□■□ちょいすじ□■□■
イ・ビョンホン演じる演じる国家情報院キム・スヒョンは、結婚間近。
山道でひとり、レッカー車を待つ婚約者チュヨンは、スヒョンにその状況を伝えるために電話する。
スヒョンは仕事中のため、誕生日に一緒に過ごせないと反省し・・・。

ネタバレです。

≫ Read More

| 映画<ア行> | 18:57 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『幼い依頼人』

どこの国でも、幼児虐待、それも親からの虐待があるんだねぇ(-_-;)。

実話を基にしたフィクションのようだけど、この事件がきっかけになって法整備されたのなら、それはそれで意味があったんでしょう。

     ■□■□ちょいすじ□■□■
児童福祉施設に勤務するイ・ドンフィ演じるユン・ジョンヨプは、継母から虐待を受けている幼い姉、ダビンとミンジュンに出会う。
人懐こいダビンとミンジュンと、次第に距離を縮めてくジョンヨプだが、弁護士として希望していた大手弁護士事務所に転職が決まる。
そんな中で、ダビンが虐待により怪我をしてしまい・・・。

ネタバレです。

≫ Read More

| 映画<ア行> | 09:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT